2015年10月17日

ウィンドウズを10にしてみた

ウィンドウズを7から10にしてみた。

パソコンを立ち上げるたびに、
「Windows10にしませんか?」っていうメッセージが出るのもうっとうしいし、
7よりも10のほうが動作が早いのかなと思って。

7から10にするのにかかった時間は、
1時間半くらいだった。

アップグレードの方法は、
いくつかボタンをクリックするだけで、簡単。


それで、Windows10を一日使ってみたけど、
今のところ困ったことはないかな。

よく使うソフトも動くし、
プリントもできる。

しいて言えば、
クロームのブラウザで表示される文字が、
少し薄くなったような感じがするくらい。

困ったことはないけど、
すごい便利だなとも感じない。

10の機能をまだ全然使っていないので、
あたりまえのことだけど。

2013年10月01日

古いノートパソコン(ThinkPad X60)のHDDを交換してみることにした2

古いノートパソコンのHDDを交換してみることにした: 初心者向けパソコンの使い方
の続き。

前回の記事で購入したのは以下。

HDDのケース。


交換用のHDD。


届いた商品。
IMG_0085.JPG
HDDは評判通りこれ以上ないくらいの簡易包装。

HDDをHDDケースにセットして、
ノートパソコンとつないで、
IMG_0086.JPG

このソフトで、

EaseUS Todo Backup - 窓の杜ライブラリ

古いノートパソコンの方のHDDを新しい方にまるごとバックアップ。
IMG_0087.JPG

続いて、
ノートパソコンからHDDを取り出す。
IMG_0123.JPG

にょきっと。
IMG_0125.JPG

HDDを取り替える。
IMG_0127.JPG

差し込む。
IMG_0128.JPG

交換はこれで終了。

思っていたより簡単。

そして緊張の一瞬。

ポチット。
IMG_0130.JPG

IMG_0131.JPG

IMG_0131.JPG

IMG_0131.JPG

IMG_0131.JPG

IMG_0131.JPG
反応なし。

失敗!!



別のパソコンを使ってネットで調べてみると、
こうなってしまうとなんかめんどくさそう。

ThinkPad X60 で SSD の換装をしてみた - にぽたん研究所

なのでいろいろと試すことはやめて、
上記ブログの最後のほうで紹介されたように、
工場出荷状態にリカバリーすることにした。

このあと、
ウィンドウズXPの更新などの作業は必要でしたが、
たいしたデータも保存していなかったので、
なんとかなった。

2013年09月26日

古いノートパソコンのHDDを交換してみることにした

前に中古で買ったパソコンのHDDを変えてみることにした。

HDDを交換してみようと思ったパソコンは、
ThinkPad X60という機種。

新しく中古のパソコンを買った  ThinkPad X60: ネットで買ったものの記録

2006年頃の製品だけど、
まだ使えそうだなと思ったので。

あと、
HDDの交換というのも一度やってみたいなと思っていたので。

交換のために参考にしたのはこのサイトの情報。

ハードディスク交換・換装 パソコン初心者講座

HDDって、
2.5インチというサイズと、
差し込み口がSATAなのかIDEなのかが一致すれば、
交換出来そうな感じがしたので、
交換のために買ったのは、
これと、



これ



実はまだ買ったものが届いていないので、
この二つで交換が出来るかどうかわからないのだけど。

実際に交換出来るかどうか、
商品が届くまでちょっとドキドキだ。

2011年06月08日

パソコンの動きを早くする マイドキュメントをDドライブに保存してみる

少し古いパソコンだと、
Cドライブがそんなに大きくない。

そんな時Dドライブがあったら、
マイドキュメントなどは、
Dドライブに保存されるようにしておいたほうが良いようだ。


私のパソコンの場合はもともと、
Cドライブが30GBしかないのに、
Dドライブが200GBほどあった。

これ

ソニー製品情報 | VAIO | type M

なのに、Cドライブしか使っていなかったら、
Cドライブがいっぱいになったのに、Dドライブはほとんど空という、
もったいない状態になってしまった。

なので、
マイドキュメントをDドライブに移した。


やり方は、
「スタート」から、「マイドキュメント」で右クリック、
「プロパティ」を開いて、
保存先の変更を行う。

結果、
マイドキュメントが数ギガあったので、
その分Cドライブの開きスペースがが増加して、
Cドライブのデフラグもできるようになった。


それから、
iTurnesでCDを取り込む時にも、
保存先をDドライブにしておけば、
まだまだ取り込めそうだ。


これで、
古いXPのパソコンも、
もう少し使えそうな気がしてきた。


ラベル:パソコン XP

2009年02月25日

ソーテックのwinbook wm メモリーの増設

動きが悪すぎて使い物にならない私のパソコン、
ソーテックのwinbook wm
を復活させるために、
このメモリーも購入してみました。

PC2700(DDR333) 1GB MV-DN333-A1G


その結果、
早い!
とまでは行きませんが、
何とか使えるくらいに動くようになりました。

ウィルスソフトをバージョンアップしたら、
動きが悪くなったようでしたが、
そういうときにも、
メモリーの増設が効果があるようです。




ちなみに、
バッファローの製品には、
同じメモリーだと追われるのに、
MVという記号がついているものとついていないものがあります。

その違いは、
MVとついているものが業者向けみたいです。

http://www.rakuten.co.jp/omicfun/596560/618846/654151/675293/


同じ製品のはずなのに、
業者向けのほうが格段に安いです。

2009年02月22日

VAIOのVGC−M52B/W メモリーの増設2

現在、
妻が何年か前に買ったVAIOのVGC−M52B/Wというパソコンを、
私が借りて使っていますが、
もともとのメモリーが256mbなので、
512mbを追加して使っています。

それでもちょっと動作が緩慢なことがあるかなと思ったので、
(ウイルスソフトが起動しているときとか、)
メモリーをもうちょっと増やしたいと思ったのですが、
ソニーのサイトで調べたところ、
最大搭載メモリーは1Gのようでした。

しかし、バッファローのサイトで見てみたら、
2Gまでいけるということだったので、

http://buffalo.jp/taiou/kisyu/detail.php?id=49078

アマゾンでMV−DD400−1Gという商品を買いました。

搭載した結果、
快適に動いています。

純正で無いメモリーを、
メーカー公認の容量を超えて搭載した場合、
メーカー補償などは当然受けられないようですが、
今のところまったく問題なく動いています。


パソコンというものは、
おもっていたよりも融通の効く装置のようです。





2008年11月08日

ブラウジングを早くする

今までは、
勝手にダウンロードされたインターネットエクスプローラーの7を使っていましたが、
グーグルのクロームというブラウザに変えてみました。

早いです。


でも、
ちょっと不具合があることもあります。

ブラウザ自体の問題なのかどうかわからないことですけど、
ブログを書いているときに、
コピーペーストがうまくできなかったり、
タグの挿入ボタンが表示されないブログがあったり。

問題なくできるページもありますが。

まあ、
そのくらいですけど。



メモリーを増設して、
パフォーマンスを優先の設定にして、
ブラウザをクロームにしただけで、
紙の本をぺらぺらと読むのに近い感覚ブラウジングができるようになったので、
今のところは、
この方向性はこれくらいで十分かなと思っています。





ラベル:パソコン ネット

2008年11月07日

パソコンの動きを早くする2 メモリーを増設する

パソコンのメモリーを増設したら、
やっぱり劇的に動きがよくなった。

パソコンの動きがよくなると、
なんかわくわくする。

別に自分がすごくなったわけでもないのに。



ソニーVAIOのVGC−M52B/Wという機種を、
2005年に妻が買って、
買っただけでほとど使っていないので、
私が引き継いでそのまま使っていたのだけど、
さすがにOSがXPでメモリーが256MBというのは、
無理があるようで、
動きは非常に緩慢だった。

そのメモリーをつい先ほど、
512MB増設したら、
すごく早くなった。



メモリーの増設自体は非常に簡単だった。

パソコンの説明書に記載されている通りにやれば、
10分くらいで終わる作業。

しかし難しいのが、
どのメモリーが自分のパソコンに適応するのか?
というのを判断するところ。



今回増設したソニーVAIOのVGC−M52B/Wは、
PCVA-MM256FやPCVA-MM512Fというメモリーが対応していると、ソニーのサイトからわかったのだけど、
すでに生産されておらず、
かろうじて売っているところもあったけど、
純正品はやっぱり高額。
たとえば、ビックカメラでは16800円なり。



なのでもっと安い、
互換メモリーを探すのに、
一苦労。

いつも頼みの綱にしているアマゾンで、
「PCVA-MM512-F」と検索をかけたら、
IOデータの製品がヒットしたのだけど、
これが本当にPCVA-MM512Fと互換性があるのかどうか、
いまいち信用ならない。


で、
「PCVA-MM512-F 互換」で検索してみたら、
このページ↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/memorydeal/pcva-mm512f.html?basket=&et=&unique=&ba=
がでてきて、
このページの説明をよく読んでみると、
アマゾンで出てきたIOデータの商品のものと規格が一緒みたいだから、
アマゾンで出てきたIOデータの商品を購入することにした。

しかし、
メモリーというのは愛称があるみたいで、
純正品以外が正しく動くかどうかは、増設してみて動かしてみるまでわからない、
というようなこともどこかのページで読んでいたので、
実際に増設してみて、
パソコンの動きが快適になったときはガッツポーズしたね。







まとめ。

パソコンのメモリー増設は、
対応メモリーさえ手に入れられれば、
あとは説明書の通りに行うだけ。

比較的簡単で、
効果絶大。

そして、
実際にパソコンが早く動くという効果以上に、
達成感がでかい。





ラベル:パソコン

2008年11月05日

パソコンの動きを早くする(ウィンドウズXP) パフォーマンス優先にする

いまだにXPです。

メモリーが256MBなので、
パソコン買い換えないと、
VISTAは動かないでしょうね。

ほんとは、
XPでもつらいですけど。

そのうち、
メモリーを増設しようかと思っていますが、
その前にとりあえずできること。

それは、

スタート

コントロールパネル

システム

詳細設定

視覚効果

パフォーマンスを優先する

の順でクリックして、
画面の表示を昔のスタイルにして、
壁紙もなくして、おくことだと思います。


これだけで、
ちょっと早くなる。



ラベル:パソコン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。