2015年01月15日

「BrowserModifier:Win32/KipodToolsCby」といウィルスに感染した

マイクロソフトのセキュリティエッセンシャルが、
「BrowserModifier:Win32/KipodToolsCby」というウィルスの警告を何度も出すようになった。

セキュリティエッセンシャルで削除使用と何度もやってみたけど、
失敗する。

調べてみると、
他にも感染した人が結構いるみたいで、
なんとかしようと試みられていた。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13140424343
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10140417560

上記サイトの情報より、
セーフモードで起動してウィルススキャンして削除、
というのが効果がありそうだなと思った。

ということでとりあえず、
パソコンを再起動したあとにウィルスソフトでスキャンして削除したら、
消せた。

ここで一つ勉強になったのは、
ウィルスソフトというのは、ほかのプログラムから使用中だったりするファイルを(ウィルスを含んでいても)消せないのかもしれないということ。

なので、
一旦再起動してほかのプログラムをリセットすれば、
消せるのかなと。

あと「セーフモード」というのも、
おそらくそんな役割があるんだろうなと。

あたっているかわわかりませんが。

感染しただれかの参考になれば。
posted by もり at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。