2012年08月22日

LifeTouch NOTE NA75W/1AR を買って、アンドロイドタブレットについて思ったこと4点


これ、
買いました。

発売から一年以上経っているので、
今ころレビューしても、誰の参考にもなら無いだろうと思いますが、
タブレット末端というものについて、
4つほど書いておこうと思います。

まず画面。

この機種は感圧式のタッチパネルですが、
思っていたよりよく動作します。

しかしやはり、
静電式と比べてしまうとどこかぎこちない。

とくに画面をスクロールする時に、
押しながら滑らせないといけないので、
その微妙な力の加減が難しくて、
引っかかる。

まあ最近は、
安い中華タブレットでも静電式のタッチパネルになっていますから、
購入時に静電式か感圧式かで迷うことも、
まずないでしょうけど。


続いて画質。

画面が7インチで解像度が800x480というのは、どうなんだろう?
と、思っていましたが、
そこまで不満は無かったです。

綺麗!!
とは決していえませんが、
普通に見える。


それから、
CPUの「Tegra 250 1GHz」について。

早いです。

これまで使っていたiPod touch
より、
キビキビ動きます。

タブレットのCPUって、
1GHzくらいでもいいんだなと思いました。


最後にアンドロイド2.2というバージョンについて。

他のバージョンのことはわかりませんが、
ウェブ検索、メール、ブログの記述など、
普通に出来ます。

グーグルプレイに対応しているので、
だいたいのアプリも使えます。

アンドロイドは、
このくらいバージョンでもそれほど不便は無いなということと、
アンドロイドマーケットに対応しているかどうかは大切だな、
ということを、思いました。



posted by もり at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。