2010年10月20日

パソコンで儲ける系の本の選び方2

この記事は、
これからネットで副業でも、
と考えている人に向けて書いています。

しかし、
これから初めてもたぶんダメだろうな、もう遅いのだろうな、
と思う場合は、
いつはじめてもダメでしょうから、
やめておくほうが良いと思われます。



考え方としては、
ダメかダメじゃないか、
ではなく、
やるかやらないか、

やってやる!

のか、

やめておく、

のか、
どちらかだと思います。

ダメかダメじゃないかは、
やってみないとわからないことなので、



やってやる!



と、
言う強い意志が持てた場合にだけ、
やってみるといいのではないかと思います。

(これはほとんど、
自分自身に向けて書いていますね。)




それで、
ネットで儲ける系の本を読むときに注意すべきポイントは、
そこからダメそうな理由をたくさんあつめて、
それでおしまいにするのではなく、

なにか使えそうなところはないか、

と、考えて、
どんどん読んでみることだと思います。

あたりはずれを意識せず、
とにかく数をこなす。

うそ臭くても、
とりあえず目を通してみる。

そうして数をこなしているうちに、
真贋を見分ける基準ができてくると思うのです。

なので、
本の選び方のポイントとしては、
なるべく安い値段でたくさん買ってたくさん読む、
という、
ポイントでもなんでもない話に行き着きます。




しかしそれでも、

数をこなすこと、

は、
どのような分野でもやっていくにしても必要になる努力なのだと思います。




そして、
使えそうなところと、
使えなさそうなところの判断については、
たくさん本を読んである程度自分なりに見えてきたら、
実際に試してみることだと思います。

パソコンやネットでやれることに関しては、
費用はかかりませんし、
失敗しても取り返しがつくことが多いので、
試してみて考える、
ということが、
リアルな世界よりもやりやすいです。

こんなお店があたりそうだということで、ためしに作ってみていると、
全財産を失うかもしれませんが、
ネットショップやブログなら、
数日か数週間くらいの時間を失うだけです。

どうせ、
テレビを見ているか、
パチンコをしているかで失われてしまう時間なら、
ブログ記事を書いていて失っても同じことでしょう。

デメリットはそのくらいです。

そしてもし、
100円でも50円でも稼げたら、
それは儲けです。

自分で副業をして稼いだお金です。




書いていて自分で思いましたが、
これは成功のコツではなくて、
単なる精神論ですね。


パソコンでお金儲け アマゾンインスタントストア
posted by もり at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンで儲ける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。