2008年11月07日

パソコンの動きを早くする2 メモリーを増設する

パソコンのメモリーを増設したら、
やっぱり劇的に動きがよくなった。

パソコンの動きがよくなると、
なんかわくわくする。

別に自分がすごくなったわけでもないのに。



ソニーVAIOのVGC−M52B/Wという機種を、
2005年に妻が買って、
買っただけでほとど使っていないので、
私が引き継いでそのまま使っていたのだけど、
さすがにOSがXPでメモリーが256MBというのは、
無理があるようで、
動きは非常に緩慢だった。

そのメモリーをつい先ほど、
512MB増設したら、
すごく早くなった。



メモリーの増設自体は非常に簡単だった。

パソコンの説明書に記載されている通りにやれば、
10分くらいで終わる作業。

しかし難しいのが、
どのメモリーが自分のパソコンに適応するのか?
というのを判断するところ。



今回増設したソニーVAIOのVGC−M52B/Wは、
PCVA-MM256FやPCVA-MM512Fというメモリーが対応していると、ソニーのサイトからわかったのだけど、
すでに生産されておらず、
かろうじて売っているところもあったけど、
純正品はやっぱり高額。
たとえば、ビックカメラでは16800円なり。



なのでもっと安い、
互換メモリーを探すのに、
一苦労。

いつも頼みの綱にしているアマゾンで、
「PCVA-MM512-F」と検索をかけたら、
IOデータの製品がヒットしたのだけど、
これが本当にPCVA-MM512Fと互換性があるのかどうか、
いまいち信用ならない。


で、
「PCVA-MM512-F 互換」で検索してみたら、
このページ↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/memorydeal/pcva-mm512f.html?basket=&et=&unique=&ba=
がでてきて、
このページの説明をよく読んでみると、
アマゾンで出てきたIOデータの商品のものと規格が一緒みたいだから、
アマゾンで出てきたIOデータの商品を購入することにした。

しかし、
メモリーというのは愛称があるみたいで、
純正品以外が正しく動くかどうかは、増設してみて動かしてみるまでわからない、
というようなこともどこかのページで読んでいたので、
実際に増設してみて、
パソコンの動きが快適になったときはガッツポーズしたね。







まとめ。

パソコンのメモリー増設は、
対応メモリーさえ手に入れられれば、
あとは説明書の通りに行うだけ。

比較的簡単で、
効果絶大。

そして、
実際にパソコンが早く動くという効果以上に、
達成感がでかい。





ラベル:パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。